スピンドルによる手紡ぎマフラー

  • 2016.07.03 Sunday
  • 08:40

先日より、スピンドルによる手紡ぎの講習を受けていました。俗に、手紡ぎ=ホームスパンとも呼ばれています。

スピンドルとは…



コマのような形状をしていて、クルクル回すことで、綿状の羊毛を糸に紡ぐことができるのです。

講習では、多少のご経験者がほとんどで、全く糸に出来ないくらいの初心者は私くらい…汗

コツを掴むまで、すごーくすごーく苦労しました。


なんとなく糸になっただろうか…涙


太さがマチマチの糸をタテにもヨコにも使って、一枚のマフラーに織り上げます。



先生のお考えは、
一定の糸を紡がなければならない、ということはない。出来上がったマチマチの糸をどう組み合わせて、一枚の布にするか
というもので、有難いお考えでした。。

しかしながらー!!
出来上がったわたしの作品はあまりにも愛機のあるものでー、
未熟な糸が織り出す未熟な布となりました。

残念すぎるので、他の皆様と混じった画像で。






手紡ぎ糸は、機械ではつくれない、軽さと温かさが特徴といわれます。
でもそれは熟練した手が産み出すものなのです。
以来、毎日スピンドルを触って、感触を確かめています。

秋には作品にして、皆様にも手紡ぎの良さを味わって頂きたいと思っています!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM